日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 改憲保守よ,目を覚ませ!!!その3.領土等の保全 2) ポツダム宣言

<<   作成日時 : 2013/06/30 06:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カイロ宣言については,その宣言に至る経過や手続きについて,いろいろな意見がでていますが,日本国が1945年8月15日に受諾したポツダム宣言には次のような条項があり,これによって,カイロ宣言は正式に国際公文と認めざるを得なくなったと思われます。連合国側は全員,そのように理解しているでありましょう。しかし,外交の世界はあらゆるテクニックが駆使されますので,連合国側の元首がカイロ宣言に対する否定的な見解を述べることもあるようですが,我々は自分の目や耳や頭を使って,判断することが大切であります。

ポツダム宣言(外務省訳)
http://home.c07.itscom.net/sampei/potsdam/potsdam.html
において,領土問題についてもっとも重要な条項は次の第八項であります。,
「八 カイロ宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ」

この条項で見る限り,尖閣諸島が日本に属するか,どうかは連合国が決めることになっていますが,現在,尖閣諸島の帰属は日中間で決めるよう,下駄を預けられた状態であります。しかし,日本が尖閣諸島を実効支配してきたことは,戦後世界の常識であります。
だからと言って,領海侵犯に軍事力を使用するなどとの発想は日本のとるべき道ではありません。姑息な手段によらず,我々日本は堂々と国際社会の正道を歩むべきであります。
(アクセステスト130702 07:31)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改憲保守よ,目を覚ませ!!!その3.領土等の保全 2) ポツダム宣言 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる