日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 改憲保守よ,目を覚ませ!!!その3.領土等の保全 1) カイロ宣言

<<   作成日時 : 2013/06/29 07:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

領土問題で重要なことは,1945年8月15日の日本敗戦前後の国際条約とか,宣言とかに示された,国際社会のあり方或いは考え方がどんなものであったのかを理解することです。幾つかありますが,先ずカイロ宣言について見てみましょう。全文はurl から,検索の上,ご覧下さい。ここには,領土問題について,重要な二つの項目を引用します。


Cairo Conference
カイロ宣言
http://www.chukai.ne.jp/~masago/cairo.html
[引用]
They covet no gain for themselves and have no thought of territorial expansion.
同盟国は、自国のためには利得も求めず、また領土拡張の念も有しない。

It is their purpose that Japan shall be stripped of all the islands in the Pacific which she has seized or occupied since the beginning of the First World War in 1914, and that all the territories Japan has stolen from the Chinese, such as Manchuria, Formosa, and the Pescadores, shall be restored to the Republic of China.
同盟国の目的は、1914年の第一次世界戦争の開始以後に日本国が奪取し又は占領した太平洋におけるすべての島を日本国からはく奪すること、並びに満洲、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中華民国に返還することにある。
[引用終わり]

最初の項目は,第二次大戦以降,戦勝国と言えど,敗戦国の同意なく,領土や利権を敗戦国から奪取することをしない,と宣言されていることを示しています。

二番目の項目は,日本国の同意なく,返還させるとした領土を具体的に示しています。
それは,次の二つです。
(1) 1914年の第一次世界戦争の開始以後に日本国が奪取し又は占領した太平洋におけるすべての島
(2)満洲、台湾及び澎湖島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域

中華人民共和国は尖閣諸島も含まれると言っていますが,具体的に示されていないということは「全ての地域」に含まれていない,ということであります。

尖閣問題にについて日中間に公表されていない取り決めがあったという人がいます。或いは,当時の田中角栄首相がカイロ宣言を誤解して,周恩来首相と話し合った可能性は否定できません。
しかし,秘密の約束は二人だけにとって有効なのであって,日中それぞれがその約束に縛られる必要はない,と考えます。素人の独断と偏見かもしれませんが・・・。

以上は尖閣問題解決のために,日中双方が話し合うとすれば,先ず,双方が持つべき共通認識でなければならない,と考えます。

次回は,ポツダム宣言について,調べたいと思います。
(記入:13/06/29 07:29 アクセステスト1307**藍愛和)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>以上は尖閣問題解決のために,日中双方が話し合うとすれば,先ず,双方が持つべき共通認識でなければならない,と考えます。

これでは分かりにくいので,次のように訂正してください。すみません。
[訂正]
尖閣問題解決のために,日中双方が話し合うとすれば,先ず,双方が持つべき共通認識は「上での文章で藍愛和が述べたようにカイロ宣言を理解すること」でなければならない,と考えます。[訂正了]


すっぴん
2013/06/29 11:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
改憲保守よ,目を覚ませ!!!その3.領土等の保全 1) カイロ宣言 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる