日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の良さを語ろう

<<   作成日時 : 2013/05/26 15:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安倍晋三氏の「美しい国へ 」(文春新書) [新書]の広告文はインターネットで見ましたが[自信と誇りのもてる日本へ。「日本」という国のかたちが変わろうとしている。保守の姿、 対米外交、アジア諸国との関係、社会保障の将来、教育の再生、真のナショナリズムのあり方…その指針を明示する必読の書]
と書かれています。
氏の著書「美しい国へ 」の初版発行日は2006年07月20日だそうです。

烏滸がましい話ですが,私のブログ「日本の対外戦争と世界の情勢」のブログ紹介には,次のような文章が書かれています。[現在の日本は世界歴史の流れの中にどっぷり浸かっています。世界の政治・経済・文化等あらゆる分野に於いて、未だ嘗て無い激しい変化が起こっています。この激流の中に身を投じて活躍している現在の日本の姿を見る時、更に尚より調和した、平和で美しい邦への発展を目標として、末永く努力して行きたいものであると念願しています。そして世界のリーダーとして日本は如何に在るべきかという覚悟を国民各自がしっかりと胸に納めて、誠意ある行動を心掛けなければなりません。日本の進むべき道を探るために、非力ではありますが一庶民の立場から、この blog に書き込みを続けたいと思います。](この文章の最終更新:051224 21:10)
最終更新は2005年12月24日16時17分ということです。

週刊朝日の最近号に「安倍首相は外交音痴。でも,米国も間違っていないか」というタイトルの記事がありました。記事の内容はタイトルになっている文章が一番良く示していると思います。その記事をコピーしたものしか今手元にありません。ごく一部ですが抜粋します。ファクラー氏はNYタイムズ東京支局長,孫崎亨氏は元外交官です。
・・・・・・・・・・・
孫崎「それじゃあ,日本は何をすればいいのか?具体的に言ってくださいよ。」
ファクラー「ちょっと,私が話をしている時は最後まで聞いてください。別に喧嘩をしようと思って来た訳じゃない。孫崎さんを攻撃していないし,否定もしていない。そう感情的になるのであれば,私は帰ります。」
・・・・・・・・・・・
孫崎「・・・相手が嫌がっていることを,余程の確信がない限りはやってはいけないということです。自分の政治生命をかけてやるのであればいい。だが,自民党はその覚悟もなく,中途半端に中・韓を刺激しているだけです。」
ファクラー「まさにそうですね。だんだん意見が似てきましたが(笑い),・・・」
・・・・・・・・・・・
孫崎「・・・ただ,残念ながら,きちんと覚悟を持ってやれる政治家は日本では見あたりませんね。」
ファクラー「そうですね。最後は同じ意見になりましたね。(笑い) 
構成 本誌・村岡正浩

[コメント]「美しい国」日本とは,昭和時代の対外戦争について「侵略戦争の定義がはっきりしないから,日本軍による戦争は侵略戦争ではなかった。」とこじつけて,何の反省もしない国のことでしょうか。従軍慰安婦施設を持った大日本帝国軍隊の行動について,「強制性は証明されていない。」と言って,国の代表者が一度世界に向かって明確に発表した謝罪を撤回しようとあがく国のことでしょうか。五人の拉致被害者の帰国に大喜びして,更に多くの死亡拉致被害者や未帰国拉致被害者を見捨てる結果を招いた国のことでしょうか。現在の靖国神社を「平和国家日本建設」のために,「1945年08月15日前後より以前に戦病死した英霊を祀る鎮魂社」とする責任を放棄しようとしている国のことでしょうか。
ファクラー氏,孫崎氏の意見一致に関わらず,日本には多くの「きちんと覚悟を持ってやれる政治家」が居ることを信ずる者であります。そしてそのような政治家は「世界のリーダーとして日本は如何に在るべきかという覚悟をしっかりと胸に納めて、誠意ある行動を心掛ける」国民によってのみ,より強く,より大きく育てられものであることを信ずる者であります。日本の国の良さとは,「きちんと覚悟を持ってやれる政治家を育てる力のある国民が多数居る。」という点であります。
国民の皆さん,互いに精進しましょう。
(記入:13/05/26 14:50 アクセステスト130619藍愛和)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の良さを語ろう 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる