日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の「尖閣問題,国有化が発端」は言いがかり

<<   作成日時 : 2013/01/29 14:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

中国では当今の尖閣問題は日本が尖閣諸島を国有化したことが発端であって,尖閣問題で各種障害を作り出しているのは,日本側であるという考え方を流布する者が多くいるようであります。しかし,これは中国の理不尽な言いがかりであり,それを根拠に日本国の領土である尖閣周辺に艦船や航空機による侵犯をくり返していることは,有ってはならないことであります。

尖閣諸島は日本が実効支配しているのであり,当然尖閣諸島に対する施政権を日本は持っています。尖閣諸島の国有化はその施政権に基づくものであって,正当な行為であります。中国の艦船や航空機による恒常的な侵犯こそ,尖閣問題なるものをでっち上げて,日中友好の推進を困難にしている根本原因となっています。中国は直ちにこれらの侵犯行為を止め,日中友好を外交の基本方針とするように努めるべきであります。
アクセステスト130524

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そーまさに中国の言いがかり、400年前には中国がって言い出したり、それなりに尖閣が中国の領土でないせつない認識はありそうだ。武力の接触や中国が武力を行使する屁理屈つけられないうちに徹底的に敵を逆なでしようがきっちり釘を刺しておくことが肝心、タチの悪い”半グレ”国家中国に協議などスキをみせてはいけない、この21世紀に中国共産党(共産主義とは関係ないが)と北朝鮮という世界のお荷物、自爆消滅へ国内矛盾をもっとまくし立てよう。盗人の家にお伺いをたてに行く無様、敵の思う壺じゃん。尖閣を中国のモノにするしか彼らに答えはないのだから。中国共産党粉砕!
謙虚だけの人
2013/01/29 18:20
謙虚だけの人さん,今日は。
>この21世紀に中国共産党(共産主義とは関係ないが)と北朝鮮という世界のお荷物、自爆消滅へ国内矛盾をもっとまくし立てよう。盗人の家にお伺いをたてに行く無様、敵の思う壺じゃん。尖閣を中国のモノにするしか彼らに答えはないのだから。中国共産党粉砕!

日本の千年,万年変わらぬ外交方針は,次のようなものでなければならない,と常に考えています。
即ち,
「日中友好,日米協力,日露和解,日韓朝兄弟,日亜親戚,日星自由平等」

中国,アメリカ,露西亜,朝鮮半島と日本とは海を隔てて隣り合った国だということ。
日亜親類はアジアの諸国と日本は同じ有色人種としての親近感を持って付き合うこと。
日星自由平等は小さな星地球の全ての国家と日本は互いに自由平等ということ。

日本は島国で隣国との「歴史的」接触は,遣唐使,元寇,和冦,朝鮮征伐,朝鮮通信使,明治以降の対外戦争等々しか,経験していません。日本人は島国根性が未だに抜けないのではないか,と心配しています。国際的観点を身につけたいものですね。そのためには,外国にどんどん進出しましょう。
すっぴん
2013/01/30 03:58
>日亜親類

日亜親戚のミスタイプです。訂正します。すみません。
すっぴん
2013/01/30 04:01
2013/01/30 03:58の記事の最後を
「そのためには,外国にどんどん進出しましょう。平和的に!」
のように訂正して下さい。
すっぴん
2013/02/26 06:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の「尖閣問題,国有化が発端」は言いがかり 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる