日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国「重大な懸念」…米議会の尖閣関連法案可決

<<   作成日時 : 2012/12/24 05:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(引用)【北京=五十嵐文】中国外務省の華春瑩(フアチュンイン)副報道局長は23日、米上下両院が、沖縄県・尖閣諸島を米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約の適用対象だと確認する国防権限法案を可決したことについて、「重大な懸念と断固たる反対を表明する」との談話を発表した。

 華副局長は「日米安保条約は2国間の取り決めで、中国を含む第3者の利益を損なったり、他国間の領土問題に介入したりすべきではない」として、米議会の対応を批判した。
(引用終わり)

中国の「他国間の領土問題に介入したりすべきではない」という発言は,領土についての基本中の基本である。しかし,何事にも例外があることを忘れてはならない。

尖閣問題に関連して,領土問題を考える時には,国連憲章の条項に留意する必要がある。
その詳細については,次回に。(check20150923)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国「重大な懸念」…米議会の尖閣関連法案可決 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる