日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 駒野選手へのエール

<<   作成日時 : 2010/07/01 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

駒野選手はパラグアイ戦でのPK合戦で,失敗しました。テレビに,試合後涙する駒野選手の姿が度々映し出されました。

サンスポ:PK外しうつむく駒野、誰が慰めたか…
http://www.sanspo.com/worldcup2010/news/100630/wca1006301031033-n1.htm
ページ落ちするかも知れませんので,無断ですが, copy&paste します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ドイツ公共放送「ARD」で解説を務めたかつての名選手ネッツァー氏は「駒野はこの場面を生涯忘れられないだろう」と話したという。PK戦。駒野のシュートはクロスバーを直撃して大きくはねた。頭を抱える駒野。そして大会からの敗退が決まると、泣きじゃくった。敗戦は、駒野ひとりの責任ではない。誰が、駒野を慰めたか。

 バーをたたき、上方に大きく弾んだ自らのシュートに、駒野は天を仰ぎ、頭を抱えた。うつむいてセンターラインの仲間の所へ戻る駒野を抱きかかえるようにして迎え、列の中へ招き入れたのは、大会前にその腕からキャプテンマークを剥奪された中沢だった。

 5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決めると、歓喜の輪をを抜けだし、1人のパラグアイ選手が駒野に駆け寄り、額をすりつけるようにして何かを語りかけた。自身4人目のキッカーとして落ち着いてゴール中央にPKを決めたアエドバルデスだった。おそらくスペイン語だったのだろう。駒野は何を言われているのか分からないはずだが、しきりにうなづいていた。気持ちは通じていたのだろう。

 一番長く駒野の肩を抱いていたのは、松井だった。そして駒野以上に泣いていた。何も言わず、しゃくり上げ、ただただ肩を抱き続けていたようにみえた。そして逆の肩を、阿部が抱いた。

 サポーターへのあいさつに駒野を背を押していざなったのは、稲本だった。努めて笑顔だった。駒野は笑顔を返すことはできなかった。それでも稲本は笑みを送り続けた。

 ロッカ−ルームに引き上げ、ミックスゾーンに姿をみせた駒野は、無言でうつむき、報道陣の前を通り過ぎた。バッジオが、バレジも味わったPK戦の残酷。だが多くの仲間に支えられ、駒野は立ち直らなくてはならない。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

君の涙は日本の涙です。失敗があって成功があります。
君の涙を忘れることなく,日本は成功に向かって努力するでしょう。
そして,その努力を君も共に楽しみましょう。君は先頭に立ってパラグアイや日本,そして,世界中と共に成功に向かって努力し,それを楽しみましょう。

(記入:10/07/01 07:10 藍愛和)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
駒野選手へのエール 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる