日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS パル判決の「勧告」を読む 5.正義の女神

<<   作成日時 : 2008/07/22 15:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

極東軍事裁判におけるパル判決文中の「勧告」について,共同研究「パル判決書(上),(下)」東京裁判研究会 講談社学術文庫や,インターネットの Wikipedia 等を参照しながら,考察を続けたいと思います。
共同研究「パル判決書(下)」東京裁判研究会 講談社学術文庫からパル判決の「勧告」を前回に続いて引用します。

[共同研究「パル判決書(下)」東京裁判研究会 講談社学術文庫 p.744, 左から 5 行目以下より引用]

「この恐怖をもたらした疑惑と恐れ,無知と貪欲を克復」する道を発見するために,平和を望む大衆が,費やそうとする尊い,わずかな思いを,裁判が使いはたしてしまうことは許されるべきではない。「感情的な一般論の言葉を用いた検察側の報復的な演説口調の主張は,教育的というよりは,むしろ興行的なものであった」。

おそらく敗戦国の指導者だけが責任があったのではないという可能性を,本裁判所は,全然無視してはならない。指導者の罪はたんに,おそらく,妄想にもとづいたかれらの誤解にすぎなかったかもしれない。かような妄想は,自己中心のものにすぎなかったかもれしない。しかし,そのような自己中心の妄想であるとしても,かような妄想はいたるところの人心に深く染みこんだものであるという事実を,看過することはできない。

まさにつぎの言葉のとおりである。
「時が,熱狂をやわらげた暁には,また理性が,虚偽からその仮面を剥ぎとった暁には,そのときこそ,正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに,その所を変えることを要求するであろう」。
「引用 終わり」

[コメント]
最後に書かれた言葉は,パル判事の肖像と共に,
靖国神社の境内にあるパール博士顕彰碑:
http://www.yasukuni.or.jp/precincts/index.html
京都霊山護国神社のパール博士顕彰碑:
http://www.gokoku.or.jp/04/0301.html
等,に掲げられています。

靖国神社は,パール博士顕彰碑について次のように説明しています。
「極東国際軍事裁判(通称 東京裁判)でインド代表判事を務め、裁判官の中でただ一人、被告団全員を無罪とする意見書を提出したラダ・ビノード・パール博士の功績を伝えるため、平成17年(2005)に建てられました。」

パル判事の「功績」とは何でしょうか。「被告団全員を無罪とする意見書を提出した」ことなのでしょうか。果たして,パル判事は日本無罪を主張したのでしょうか。上に引用したパル判事の勧告に書かれた文章を素人の偏見と独断ではありますが,私なりに理解した所で申し上げたいと思います。
パル判事は次のように論理を展開していると思います。
「(敗戦国)の指導者の罪はたんに,おそらく,妄想にもとづいたかれらの誤解にすぎなかったかもしれない。」===>>>「かような妄想は,自己中心のものにすぎなかったかもれしない。」===>>>「そのような自己中心の妄想であるとしても,かような妄想はいたるところの人心に深く染みこんだものである。」===>>>「正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに,その所を変えることを要求するであろう。」
この文脈で見る限りは,世界中の全ての人達が正義の女神に罰せられるように思うのですが。自分は大丈夫だ,罰せられないと自信を持って言える人がいるのでしょうか。

靖国神社には,パール博士顕彰碑について,次のような説明をして貰いたいと希望します。
「極東国際軍事裁判(通称 東京裁判)でインド代表判事を務め、裁判官の中でただ一人、被告団全員を無罪とする意見書を提出したラダ・ビノード・パール博士の理想を伝えるため、平成17年(2005)に建てられました。我々日本人はパール博士の理想,即ち,寛大な雅量と理解ある慈悲心に満ちた世界を理想とし,正義の女神が過去の賞罰の多くに,その所を変えることを要求するであろうときを待ちましょう。」
(記入: 08/07/22 15:22 藍愛和)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パル判決の「勧告」を読む 5.正義の女神 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる