日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 福田康夫首相と道路問題

<<   作成日時 : 2008/03/30 13:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月29日18時15分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000927-san-pol
には,
「福田康夫首相は29日、首相官邸で産経新聞などのインタビューに答え、3月末で期限が切れる揮発油(ガソリン)税の暫定税率について”少なくとも今の水準は維持しなければならない”と述べ、廃止や税率引き下げは望ましくないとの考えを示した。」
と報道されています。

ガソリンの値段を高くする理由として,
「首相は”安いガソリンで二酸化炭素の排出を助長していいのか。(7月に)北海道洞爺湖サミット(先進国首脳会議)があるのに、日本が値下げしたと胸を張って言えるのか”と述べ、4月末以降に憲法の規定による衆院再議決で暫定税率維持を含んだ歳入関連法案を成立させる考えをにじませた。首相は28日の参院予算委員会で”継続するとは一言も言っていない”と答弁しており、トーンダウンした格好だ。」
との記事が掲載されています。

福田首相が二酸化炭素の排出問題等,環境問題に真摯に取り組まれている点は評価できます。
しかし,ここで我々国民が注意しなければならないのは,政治家の甘い言葉に乗らないことではないでしょうか。

福田首相は3月28日の新聞記事によりますと,道路特定財源問題について次のような新提案をしました。
「道路特定財源は2009年度から一般財源化」,「08年度からの暫定税率廃止は現実無視の議論だ。税制改正法案は年度内成立が必要」,「09年度以降の税率は厳しい財政事情を踏まえ検討」,「 道路整備中期計画は5年間に短縮し新たに策定」,「道路関連の公益法人は廃止・民営化を推進」

この新提案について,自由民主党の古賀誠選対委員長は次のように指摘しています。
「(道路財源は)受益と負担の関係で成り立っている。そういったことが,これからの抜本的な税制議論の中でできていくのか若干危惧する。」
二階俊博総務会長も,次のように疑問を示しました。
「総理がそういうご発言をされるということは漏れ承っていたが,我々の意見がどうだという議論をする時間もまったくなかった。」
公明党の冬柴鐵三国土交通相は次のように強調しています。
「今年の税制改革論議で道路特定財源を廃止すると決まった場合には,09年度から一般化すると。私はそういう風に読むから,それで結構です。」

一方,野党側においては,民主党の鳩山由紀夫幹事長は次のように言いました。
「国民は一日も早くガソリンが安くなればいいとの思いが強い。暫定税率廃止は譲れない。」
共産党の市田忠義書記局長は次のように語りました。
「一般財源なら暫定税率を維持する必要性はない。4月1日から廃止されれば,再可決しないで下がったままでいくべきだ。」
社民党の重野安正幹事長も次のように語りました。
「暫定税率に触れずに一般財源化では意味が半減する。」

国民新党は,党の HP:http://www.kokumin.or.jp/seisaku/20071213.shtmlでは,次のように決議しています。
「道路特定財源は、受益と負担の原則の下で、自動車ユーザーに対して、道路整備を進めるという約束のもとで暫定税率の負担を強いてきたというこれまでの沿革を顧みれば、それを無原則に一般財源化するということは、納税者の信頼を裏切る行為である。」
福田首相の新提案についての,これら各党の反応を見ると,福田首相の29日の発言には2つの留意すべき点があると思います。
「一つは,ガソリン暫定税率は二酸化炭素の排出を助長しないことに役立つと強調したこと」
「もう一つは,道路特定財源の一般財源化については敢えて触れなかったこと」
の2つであります。

高速道路を作り続けることは,森林・原野の消失と二酸化炭素の排出助長という環境破壊につながるのではないでしょうか。

福田首相は一方で環境問題重視は自己の行動原理であるとしながら,他方で環境破壊を阻止しようとしないのではないかと思われる道路政策を推進しています。
洞爺湖サミットに集う環境問題には鋭く反応する各国首脳の理解を得,洞爺湖サミットを成功に導くことに福田首相は成算をお持ちなのか,心配しないではおられません。

福田首相はガソリン暫定税率は道路問題ではなく,環境問題であると主張されようとしているようにみえます。しかし,国民多数はそのような見解を認めるとは思えません。
(記入:080330 13:45 藍愛和)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福田康夫首相と道路問題 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる