日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団自決・従軍慰安婦・南京大虐殺等は軍部・政府の責任

<<   作成日時 : 2007/07/20 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

クローズアップ現代「沖縄戦“集団自決”の真実は」について

集団自決も従軍慰安婦も南京大虐殺事件も当時の軍部と政府が責任を取らずに誰が責任を取るのでしょうか。民間人とか個人的な軍人が勝手にやったと言いたいのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
沖縄集団自決問題について
自由主義史観研究会様,今日は。[教科書が教えない歴史/日本近代史の真実] 自由主義史観研究会(代表:藤岡信勝)公式ホームページの, NHK「クローズアップ現代・“集団自決”62年目の証言」に対する反論 http://www.jiyuu-shikan.org/tokushu2_closeup.html &gt;座間味島と渡嘉敷島において自決命令がなかったという、調査研究結果に基づく主張を続けるつもりです。 ...続きを見る
日本の対外戦争と世界の情勢
2007/10/02 16:19
ブリジストン関連会社社員が社長室で自決
■昨晩テレ朝系『ザ・スクープ』でブリジストン関連会社社員がリストラに反対して社長室で自決した例の事件の特集をやっていた。この件では先月、1970年生まれの読者の方から「捨てられた女が自分を弄んだ男の部屋で当てつけがましく自殺して見せるのと同じ」というメールを頂いていた。詳細を知らなかったので判断しかねたが、昨夜の番組を見てその通りだと思った。 この人、高卒で本社課長まで登りつめた出世頭で、終電時刻... ...続きを見る
愛と苦悩の日記
2010/01/21 06:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 なぜ、集団自決が起きたのか。だれの責任なのかの話題は、あると思います。事件の全容解明は必要なことです。
 しかし、かつては、その決め手とされてきた軍命令が、なかった事実は証明されている。したがって、教科書の記述からもそれを削除したにすぎない。
 じゃぁ、真相はなんだろう、の話題は、当然おきると思う。同時に、なぜそんないいかげんな説明が、教科書に記載されたのだろうか、の検証も必要だろう。わたしは、ふたつの原因が、意外と同根だと思う。
罵愚
2007/07/21 03:41
罵愚さん,今日は。
> じゃぁ、真相はなんだろう、の話題は、当然おきると思う。同時に、なぜそんないいかげんな説明が、教科書に記載されたのだろうか、の検証も必要だろう。わたしは、ふたつの原因が、意外と同根だと思う。

集団自決問題と,集団自決軍命令有無問題とは別の原因でしょう。
集団自決は軍による組織的強制により,沖縄の戦場の至る所で起こりました。民間人が喜んで自ら死を選ぶというのは普通考えられないでしょう。このことについては沖縄県民の多くの証言があります。

軍命令の有無については,はっきり無いと言えるのは沖縄の日本軍最高指揮官の自署捺印した命令書が現存しないということだけでしょう。それは有ったとしても敗戦時に隠滅したでしょう。軍命令があったという沖縄住民の証言ならいくらでもあります。

罵愚さんは被害者と加害者を同一視するようなことなく,又,他人の意見に従うのではなく,集団自決問題をみずから検証し,その成果を公表する義務と責任があります。もし公表されているのなら,閲覧可能な場所を御教示下さい。それなくして,被害者を貶めてはならないでしょう。
藍愛和
2007/07/21 08:55
 わたしのブログに返事をしておきました。
罵愚
2007/07/21 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
集団自決・従軍慰安婦・南京大虐殺等は軍部・政府の責任 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる