日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 「従軍慰安婦問題について」について

<<   作成日時 : 2007/03/19 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

従軍慰安婦問題について」について

この議論については,今後とも続けたいので,トラックバック記事作成なるものをしたいと思います。コメント欄も随分続いています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
不思議なことに慰安婦の戦死者の名前は一人も聞こえなかった。従軍慰安婦がいたならば戦死者の名簿があるはず、韓国やアメリカにあるのかな。彼らも靖国神社に祭られているはずです。従軍看護婦の間違いじゃないのか
従軍慰安婦も立派な軍人である。恩給の対象になるはず。しかしその分韓国政府が横取りしてしまった。
翔龍。
2007/03/19 22:17
強制慰安婦について世界各地で残虐な日本民族に対する非難が上がっているのに、日本政府自民党とマスコミ人は日本国内でまったく報道しない。日本人は朝鮮だけでなく世界各地で殺人や強姦を繰り広げていて、東ティモールなどでも日本人が強制的に少女らをかき集めて強姦していたことがわかっている。日本人は少女らに銃剣を突きつけて、「強姦させないと親や赤ん坊を殺すぞ!」と脅迫しながら無実の少女らを無理やり強姦していた。なんと、約束に反して日本人は強姦した少女ともどもそれらの家族を赤ん坊まで結局皆殺しにしていたのである。今の日本人のほとんどはこれらの殺人鬼の子供や孫であるから、エロノミストや植草ミラーマンのような凶悪な人種が現代の慰安婦を囲って優雅な犯罪人生を楽しんでいる。日本人の残虐さは世界でも際立っている。新井泉さんを強制的に虐待して殺害したのも、こうした日本民族の極度の残虐さを捕まらない殺人に利用したもので日本人は非常に悪質である。
千香子
2007/03/20 03:20
翔龍さん,今日は。

コメント,有り難うございます。今後とも宜しくお願いします。
藍愛和
2007/03/20 10:27
千香子さん,今日は。
>今の日本人のほとんどはこれらの殺人鬼の子供や孫であるから、エロノミストや植草ミラーマンのような凶悪な人種が現代の慰安婦を囲って優雅な犯罪人生を楽しんでいる。

日本人以外の人種は狂暴ではないのですか。優雅な犯罪人生を楽しんでいないのですか。
藍愛和
2007/03/20 10:32
千香子殿
君は在日韓国人か朝鮮人だろう。恐らく戦後生まれの不逞の輩だろう。小職は戦中派で当時の軍隊の厳しい規律は知っている。幾らなんでも盗賊か暴力団や悪徳ドラマ商人の真似はしないと断言します。

非常に規律が厳しくてその様な反軍律を犯したものは軍法会議に掛けられ厳しく詮議したでしょう。慰安婦との情事があったなら、必ず数名の脱走兵と慰安婦の駆け落ちが有るはず。敵前逃亡は軍の名誉を傷つけ国内において非国民とバッシングされたでしよう。

今日の平和があるのは靖国神社に祀られる英霊の皆様の尊い命の犠牲の許に繁栄があるのです。英霊やご遺族を侮辱することは私は断然許すわけには行きません。

日本人なら貴殿のような戦争経験のないチンピラ南北朝鮮人にちがいありません。発言を取り消せ。
翔龍。
2007/03/20 11:04
翔龍。さん,今日は。

お怒りはごもっともです。私は千香子さんと論理的に議論するつもりです。御期待下さい。
藍愛和
2007/03/20 13:39
千香子さん:
>今の日本人のほとんどはこれらの殺人鬼の子供や孫であるから、エロノミストや植草ミラーマンのような凶悪な人種が現代の慰安婦を囲って優雅な犯罪人生を楽しんでいる。

藍愛和:
>日本人以外の人種は狂暴ではないのですか。優雅な犯罪人生を楽しんでいないのですか。

千香子さんから回答がありません。このままでは,他国の人も優雅な犯罪人生を楽しんでいるのだから,日本人がそうであるからといって我々日本人は別に反省する必要はない,と私が主張しているのではないか,とこの blog を見た人が誤解するのではないか,と私は恐れます。

この問題についての私の考えを申し上げたいと思います。

日本人は過去の幾つかの戦争で過ちを犯しました。連合国軍に無条件降伏をして,罪を償いました。

そして,サンフランシス平和条約,日韓基本条約,日ソ共同宣言,日中平和友好条約等によって世界中の殆どの国と国交を回復しました。(続く)
藍愛和
2007/03/23 18:08
日本が世界第二の経済大国になったことにより,近隣諸国を始め世界の多くの国が日本に注目するようになりました。その頃から,反日的行動が色々な国で見られるようになりました。日本国内にも,それら反日的行動に反発する動きが生じました。(続く)

現在,我々日本人がなすべきことは,国交を回復することによって償いが済んだと殆どの国が認めた日本の過去の罪について永久に記憶し続けることではないでしょうか。
一方,日本のこの罪について外国から問題提起があった場合,無用の反発をするのではなく,冷静に,国連主導による問題解決を提案することではないかと考えます。国連中心主義こそ日本が孤立しない最善の道であることを私は確信します。国際連盟での苦い経験を忘れないようにしましょう。

日本の平和憲法は,改正されるか否かに拘わらず,国連中心主義によるより他はその威厳も威力も保つことはできないでしょう。

国連中心主義は,もし国連が消滅するような場合には,国際連携中心主義と言い換えればよいでしょう。
日本が自己中心主義で孤立することは最悪の選択と知るべきでしょう。
藍愛和
2007/03/23 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
「従軍慰安婦問題について」について 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる