日本の対外戦争と世界の情勢

アクセスカウンタ

zoom RSS 「「百人斬り」のウソ」について

<<   作成日時 : 2007/03/12 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

「百人斬り」のウソ」について
「百人斬り」の記事が最初に出た時,直ぐに本人・家族・友人・同郷者・兵隊仲間の誰かから,否定する意見が出たのでしょうか。何時,否定する意見がでるようになったのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「百人斬り新聞報道」問題
拙ブログ記事「「「百人斬り」のウソ」について」に,ニッポン大好きクラブの者さんのブログ記事「誰も望まぬ電撃復帰」:http://oheohehe.at.webry.info/200709/article_73.html 内のコメント欄で,コメントを頂きました。拙ブログ記事「「「百人斬り」のウソ」について」は簡単すぎて,誤解を受けるおそれがあります。 ...続きを見る
日本の対外戦争と世界の情勢
2007/09/07 14:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
だれもいいださなかったのでしょうね 当時は英雄扱いだったのかも アメリカの兵隊でも日本人のドクロを故郷に持って帰った人もいたくらいだから 戦時中はそんな狂気が支配するのでしょう
憂える浩
2007/09/09 11:39
憂える浩さん,今日は。
>アメリカの兵隊でも日本人のドクロを故郷に持って帰った人もいたくらいだから 戦時中はそんな狂気が支配するのでしょう

第二次世界大戦後,米国の軍人の映画を見ました。上官が立って話しをしているとき,部下達が机に腰掛けて話しを聞いていました。これが民主主義の国の風習なのだな,と変な感心をしたのを覚えています。

日本では戦中,上官が入って来た時から部下達は全員直立不動の姿勢でした。
藍愛和
2007/09/10 11:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
「「百人斬り」のウソ」について 日本の対外戦争と世界の情勢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる